忍者ブログ

ガーラ・グランディ木場不買運動

江東区東陽のガーラ・グランディ木場や赤羽橋のガーラ・プレシャス東麻布は隣接地境界スレスレの約50cmに建設する悪質な投資用ワンルームマンションです。 ガーラ・グランディ木場は休日祝日無視で作業する突貫工事です。突貫工事は建物の品質もいい加減になりがちです。 https://sites.google.com/site/boycottfjnext/ ガーラ・グランディ木場の仮囲いは粗末である。近隣住民の工事被害を防げるものになっていない。 http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/gala.html ガーラ・グランディ木場は自然破壊である。実需とは関係なく、迷惑勧誘電話で無理やり売りつけるために自然が破壊され、醜悪なマンションが建設されることはやり切れない。 https://sites.google.com/site/boycottfjnext/nature

December 27,2011

● 『幻夢の時計』夢の国での冒険活劇

本書(ブライアン・ラムレイ著、夏来健次『幻夢の時計』東京創元社、2011年)はタイタス・クロウ・サーガの一作である。オカルト探偵のタイタス・クロウと盟友アンリ・ド・マリニーが夢の国を舞台に冒険を繰り広げるファンタジー小説である。
もともとクロウは現実社会のオカルト事件に取り組む探偵であった。それがシリーズを経ることで次第に邪神と戦う冒険活劇に進化していった。卑近な例を挙げると日常のドタバタを描く少年漫画が連載長期化により、バトル中心になっていくようなものである。
一方で少年漫画が往々にして人間社会を滅ぼす悪と戦うという形で風呂敷を広げ過ぎて破綻する傾向にある。これに対して『幻夢の時計』の構造はシンプルである。ド・マリニーは囚われた友クロウを救うために夢の国に向かう。クロウは連れ去られたティアニアを救うために怪物と戦う。戦う動機は明確であり、人類全体を救うというような変な気負いはない。
『幻夢の時計』は創元推理文庫に所収されているが、ミステリーの要素は乏しい。敵と味方は明確に線引きされている。真の敵は意外な人物というようなサプライズよりも、悪と戦う分かりやすさが色濃い。クロウは推理力を駆使して謎を解明する探偵ではなく、戦士である。それでも青さのあるド・マリニーとの対比では老練である。
『幻夢の時計』の特徴は夢の国の想像力豊かな設定である。それは一朝一夕に形成されたものではない。その土台は怪奇小説家ハワード・フィリップス・ラヴクラフトの小説世界から生まれたクトゥルー神話である。中盤の「グラント・エンタビーの述懐」は同じ著者の短編「ダイラス=リーンの災厄」と同一の出来事を扱っている。この舞台となった夢の国の港湾都市ダイラス=リーンはラヴクラフト『未知なるカダスを夢に求めて』に登場する。
人気作家は多作であることが多いが、それは過去の作品を放り投げて次々と新たな作品を生産していくことではない。過去の作品の中に新たな創作の芽がある。過去の作品を大切にすることが表現者として成功の道であることを示している。(林田力)
http://www.hayariki.net/futako4.htm
PR

林田力の書評

↑   by 林田力 at 22:35 | comments(0) | trackbacks(0)

December 23,2011

● 『マンション管理士・管理業務主任者』

マンション管理士、管理業務主任者は、2001年12月のマンション管理適正化法の成立に伴って創設された新しい国家資格。本書(竹原健編著『マンション管理士・管理業務主任者[完全対策]』日本実業出版社、2001年)は、予想される出題範囲を科目別に徹底分析し、重要項目を1項目1ページで解説する。試験突破の最強のパートナー。編著者は1963年生まれ。早稲田大学社会科学部社会科学科卒業。竹原行政総合事務所所長。各種予備校・企業で行政書士試験や宅地建物取引主任者試験向けの講師を務めるかたわら、テキスト・参考書・問題集を数多く執筆している。
http://www.hayariki.net/mansion.html
wiki
http://bookmarks.yahoo.co.jp/hayariki33

林田力の書評

↑   by 林田力 at 10:03 | comments(0) | trackbacks(0)

December 22,2011

● 『景福宮の秘密コード』下巻、保守派の醜さ

下巻では保守派と実用学派の政争が明確化する。日本の江戸時代でも名分を重んじる朱子学と実践を重視する陽明学の対立があった。本書は朝鮮王朝初期で日本では室町時代に相当する。日本の一時代前の話であり、朝鮮文化の先進性を示している。
これまでは保守派も名分を重視する自己の信念に従っているだけで、考え方は異なっても悪とは断定できなかった。しかし、下巻では特権商人との結託が描かれる。一部の商人に特権を与え、キックバックを受けるという関係である。特権商人が不正な利益を得ることは人民の損失や困窮を意味する。この政官財の癒着構造は現代とも共通する。
ここには保守派の醜い実態が描かれている。表向きは立派なことを口にしても、人民を利用して搾取するだけの存在である(林田力「ネット右翼は東京都青少年健全育成条例で目を覚ませ」PJニュース2010年12月20日)。時代や国境を越えても保守の醜さは変わらない。
http://hayariki.webnode.com/
東急不動産だまし売り裁判―こうして勝った - 読んだ4!
http://yonda4.com/asin/4904350138
東急不動産だまし売り裁判―こうして勝った - Yasazon 通販ショップ
http://yasazon.com/asin/4904350138.html

林田力の書評

↑   by 林田力 at 22:53 | comments(0) | trackbacks(0)

December 15,2011

● 『景福宮の秘密コード』東洋のダ・ヴィンチ・コード

本書(イ・ジョンミョン著、裴淵弘訳『景福宮の秘密コード ハングルに秘められた世宗大王の誓い』上下巻、河出書房新社、2011年)は、朝鮮王朝の宮廷を舞台とした歴史小説である。主人公カン・チュユンは下級の司法役人で、宮城で起きた連続殺人事件を捜査する。事件の背後には保守的な儒学者と実用学派の政争があった。
中国の冊封体制下で平和を保ったイメージの強い朝鮮であるが、北方遊牧民の襲撃や中国との緊張関係など島国の日本にはない苦労が描かれる。巨大な大国と接していながら独自の民族文化を維持する強かさは賞賛に値する(林田力「中国のプレゼンス増大と日本(5) 強いコリア」PJニュース2010年9月30日)。
『景福宮の秘密コード』はダン・ブラウン『ダ・ヴィンチ・コード』を連想させる。陰陽五行説や魔法陣、王宮の建物に隠された寓意が事件の鍵を握る。『ダ・ヴィンチ・コード』の主人公は象徴学の研究者であったが、『景福宮の秘密コード』の主人公は田舎育ちの無学者で、周囲の学者の教えを受けながら知識を得る。五行説などの詳しい知識のない読者層と同じレベルであり、読者と近い目線で謎が明らかになるため、引き込まれる。
http://setagaya.sankuzushi.com/
林田力hayariki韓国ドラマ
http://hayariki.yotsumeyui.com/
林田力『こうして勝った』FriendFeed
http://friendfeed.com/hayariki

林田力の書評

↑   by 林田力 at 22:28 | comments(0) | trackbacks(0)

December 13,2011

● 『希望』東日本大震災とイラク戦争

本書(鎌田實、佐藤真紀『希望 命のメッセージ』東京書籍、2011年)は東日本大震災の被災地とイラクの写真エッセイ集である。イラク日本医療支援ネットワーク(JIM-NET)の活動記録にもなっており、印税はJIM-NETを通して被災地の子ども達のために使われる。著者の一人の鎌田氏は『がんばらない』の著者として知られた人物である。
東日本大震災を扱った書籍は数多く出版されているが、本書は東日本大震災と共にイラク戦争被害も扱うことで普遍性を増している。東日本大震災に衝撃を受けた日本人は多いが、2003年から続くイラク戦争には他人事の傾向が強かった。それどころか「戦争を支持する者がいる」(90頁)状態である。
一方、イラクで戦争に苦しめられてきた人々が東日本大震災の被災地を支援している。苦しむ人々が同じように苦しむ人々を助けようとする姿には心を打たれる。
東日本大震災とイラク戦争を並べたことは被害の性質という点でも意味がある。東日本大震災は福島第一原発事故を引き起こした点が従前の自然災害とは決定的に異なる。自然災害は一過性のものであるが、原発事故による放射能汚染は人類の時間間隔では半永久的に続く。これはイラク戦争被害と類似する。イラクは未だ完全に平和とは言えないが、仮に平和が訪れたとしても劣化ウラン弾による放射能汚染が残る。
本書は「原発をすべて止めよう」と主張し(42頁)、「これくらいでいいと思わずに、それぞれが放射線被曝を少なくしながら」(37頁)と低線量被曝の問題にも認識する。その一方で「根拠のないレッテルを貼ることは、とても醜い行為であること、それによって傷つく人々が存在することに気づくことがとても大事です」と述べる(76頁)。ここに本書の健全性がある。
現実には放射能の不安を付け込む悪徳ビジネスも暗躍している。不動産分野では貧困者を搾取するゼロゼロ物件詐欺が貧困ビジネスとして社会問題になっているが、福島県民の不安を煽って自主避難を呼びかけ、劣悪なゼロゼロ物件に住まわせる動きもある。放射能汚染に問題意識を持つ人々こそ不安を煽る言説に対して批判的である必要がある。(林田力)
https://sites.google.com/site/lintianlisanlang/
『こうして勝った』林田力の書評
http://book.mamagoto.com/
林田力:二子玉川ライズ優先で世田谷区の家計簿に歪み
http://hayariki.x10.mx/kakeibo.html

林田力の書評

↑   by 林田力 at 21:27 | comments(0) | trackbacks(0)

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

最新CM

[05/20 cuuj10]
[10/04 canadian pharmacy online]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
林田力
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力(はやしだりきHayashida Riki)は漫画・ドラマ・書評・不動産・裁判・住民運動・市民運動などジャンルを問わず活動中。著書に『こうして勝った』(ロゴス社、2009年)。東京都世田谷区の二子玉川東地区再開発(二子玉川ライズ)の住民被害や反対住民運動を詳細に紹介し、「世田谷問題を精力的に取材されているネット・ジャーナリスト」と評される。
FJネクスト迷惑電話
ガーラ木場不買運動
FJネクスト反対運動
林田力
東急不動産だまし売り裁判
こうして勝った
空き家活用
Twitter
amazon

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

忍者ブログ | [PR]


Powered by 忍者ブログ
Template Designed by miu_uim