忍者ブログ

ガーラ・グランディ木場不買運動

江東区東陽のガーラ・グランディ木場や赤羽橋のガーラ・プレシャス東麻布は隣接地境界スレスレの約50cmに建設する悪質な投資用ワンルームマンションです。 ガーラ・グランディ木場は休日祝日無視で作業する突貫工事です。突貫工事は建物の品質もいい加減になりがちです。 https://sites.google.com/site/boycottfjnext/ ガーラ・グランディ木場の仮囲いは粗末である。近隣住民の工事被害を防げるものになっていない。 http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/gala.html ガーラ・グランディ木場は自然破壊である。実需とは関係なく、迷惑勧誘電話で無理やり売りつけるために自然が破壊され、醜悪なマンションが建設されることはやり切れない。 https://sites.google.com/site/boycottfjnext/nature

January 18,2012

● 橘匠講演会:激動の2012年! 我々はどう生き抜くべきか

ネットメディア「真相JAPAN」主幹の橘匠氏の講演会「激動の2012年! 我々はどう生き抜くべきか」が2012年1月14日に東京都渋谷区で開催された。混乱を招く情報がTVや本、インターネット上で溢れている中で、それらを一端捨て、活力が湧き、元気が出る橘氏の生メッセージを伝える。

空調設備の不調で会場を変更するアクシデントが発生したものの、熱気あふれる講演会となった。「パワーポイントを使用してカチカチ話すことはできない」と語る橘氏はマイペースなスタイルで講演した。

橘氏は科学と経済、そして取材を重んじる立場である。たとえば植草事件を冤罪と言い切るのはおかしいと指摘する。冒頭では警察の腐敗を描いた津田哲也『脳を食む虫』を紹介した。また、武富士を追及する三宅勝久氏など気骨あるジャーナリストを紹介する。小室直樹氏は数学の天才で、文章も階層的で読みやすい。林田力についても東急不動産を追い詰めた『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』の著者として紹介した。

「陰謀論」は危ない代物である。頭をつっこむと詐欺に引っ掛かる。何でもかんでも「ロスチャイルドが悪い」「ユダヤ資本が悪い」と責任転嫁する。反省がない人生はダメ。普通の人以下になってしまう。似非宗教になる。

立川談志氏ら昭和の豪傑が亡くなってしまった。空手家の真樹日佐夫氏は豪快な人物である。亡くなってしまったならば会うことはできないため、会いたい人には会っておかなければならない。
http://hayariki.net/hayariki1.htm
PR

林田力の書評

↑   by 林田力 at 23:57 | comments(0) | trackbacks(0)

Comments

Comment Form

※入力されたメールアドレスは公開されません。

tool : 
 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Trackbacks

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

カテゴリー

最新CM

[10/04 canadian pharmacy online]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
林田力
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力(はやしだりきHayashida Riki)は漫画・ドラマ・書評・不動産・裁判・住民運動・市民運動などジャンルを問わず活動中。著書に『こうして勝った』(ロゴス社、2009年)。東京都世田谷区の二子玉川東地区再開発(二子玉川ライズ)の住民被害や反対住民運動を詳細に紹介し、「世田谷問題を精力的に取材されているネット・ジャーナリスト」と評される。
FJネクスト迷惑電話
ガーラ木場不買運動
FJネクスト反対運動
林田力
東急不動産だまし売り裁判
こうして勝った
空き家活用
Twitter
amazon

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

忍者ブログ | [PR]


Powered by 忍者ブログ
Template Designed by miu_uim