忍者ブログ

ガーラ・グランディ木場不買運動

江東区東陽のガーラ・グランディ木場や赤羽橋のガーラ・プレシャス東麻布は隣接地境界スレスレの約50cmに建設する悪質な投資用ワンルームマンションです。 ガーラ・グランディ木場は休日祝日無視で作業する突貫工事です。突貫工事は建物の品質もいい加減になりがちです。 https://sites.google.com/site/boycottfjnext/ ガーラ・グランディ木場の仮囲いは粗末である。近隣住民の工事被害を防げるものになっていない。 http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/gala.html ガーラ・グランディ木場は自然破壊である。実需とは関係なく、迷惑勧誘電話で無理やり売りつけるために自然が破壊され、醜悪なマンションが建設されることはやり切れない。 https://sites.google.com/site/boycottfjnext/nature

December 08,2011

● 強欲資本主義の崩壊

ラビ・バトラ『資本主義最終章の始まり 大恐慌2009~2010』は資本主義の崩壊を予言する。派遣切りや期間工の雇い止めについて「企業やその経営者、人事担当者が、いかに強欲に自社の利益のみを追求しているかということのあらわれであり、なによりも企業の自己矛盾なのだ」と痛烈に批判する(208頁)。

目先の利益から、その場しのぎの方策しか考えない企業姿勢は林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』に登場する東急リバブル・東急不動産と同じである。ここでは不利益事実(隣地建て替えなど)を隠して新築マンションをだまし売りした。この事件は消費者が勝利し売買代金を全額取り戻したが(東急不動産消費者契約法違反訴訟、東京地裁平成18830日判決、平成17年(ワ)3018号)、これが資本主義の実態ならば、そのような強欲資本主義は崩壊すべきである。
http://hayariki.fukuwarai.net/
wiki林田力ブログ
http://blog.livedoor.jp/hayachikara/
林田力 二子玉川ライズ問題
http://www5.hp-ez.com/hp/hayariki

 

PR

林田力の書評

↑   by 林田力 at 22:46 | comments(0) | trackbacks(0)

Comments

Comment Form

※入力されたメールアドレスは公開されません。

tool : 
 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Trackbacks

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

最新CM

[05/20 cuuj10]
[10/04 canadian pharmacy online]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
林田力
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力(はやしだりきHayashida Riki)は漫画・ドラマ・書評・不動産・裁判・住民運動・市民運動などジャンルを問わず活動中。著書に『こうして勝った』(ロゴス社、2009年)。東京都世田谷区の二子玉川東地区再開発(二子玉川ライズ)の住民被害や反対住民運動を詳細に紹介し、「世田谷問題を精力的に取材されているネット・ジャーナリスト」と評される。
FJネクスト迷惑電話
ガーラ木場不買運動
FJネクスト反対運動
林田力
東急不動産だまし売り裁判
こうして勝った
空き家活用
Twitter
amazon

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

忍者ブログ | [PR]


Powered by 忍者ブログ
Template Designed by miu_uim