忍者ブログ

ガーラ・グランディ木場不買運動

江東区東陽のガーラ・グランディ木場や赤羽橋のガーラ・プレシャス東麻布は隣接地境界スレスレの約50cmに建設する悪質な投資用ワンルームマンションです。 ガーラ・グランディ木場は休日祝日無視で作業する突貫工事です。突貫工事は建物の品質もいい加減になりがちです。 https://sites.google.com/site/boycottfjnext/ ガーラ・グランディ木場の仮囲いは粗末である。近隣住民の工事被害を防げるものになっていない。 http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/gala.html ガーラ・グランディ木場は自然破壊である。実需とは関係なく、迷惑勧誘電話で無理やり売りつけるために自然が破壊され、醜悪なマンションが建設されることはやり切れない。 https://sites.google.com/site/boycottfjnext/nature

November 12,2016

● 希望のまち東京in東部読書会第20回「柄谷行人の仏教・道教」

希望のまち東京in東部読書会第20回「柄谷行人の仏教・道教」
希望のまち東京in東部は2016年11月5日(土)、読書会第20回「柄谷行人の仏教・道教」を江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。柄谷行人『世界史の構造』から「第2部 世界=帝国」「第4章 普遍宗教」「8 イスラム教・仏教・道教」以降を取り上げた。
「原始教団に帰れ」という宗教改革はオウム真理教にも見られた。キリスト教団にもある。仏陀の時代とジャイナ教が生まれた時代は、それほど時代が離れていない。仏陀は輪廻する同一的な自己を幻想として退けた。ここは誤解されがちである。仏陀は文書を残していない。問答しただけである。
仏教はインドに残らなかったと指摘する。但し、衰退するまでにインドで長い間、仏教は花開いた。玄奘三蔵が唐代に経典をインドから持ち帰るより前に、日本の仏教公伝がなされた。聖徳太子の仏教と今の仏教は同じではない。日本海の藻屑と消えた僧侶は多かっただろう。日本は早い段階で仏教が国教になる。禅宗は日本的な仏教展開である。江戸時代の仏教は事実上の国教化とすることで普遍宗教的性格が立ち消えになったか。
孔子は仏陀の少し後である。ほぼ同じ時期である。柄谷行人さんは立て直すという言葉が好きである。知っていると知っていないとでは面白さが違う。孔子と老子はどちらが先か。有為に対して無為という考え方だと儒教が先と考えることが自然である。しかし、道教を先とする考えも有力である。アメリカのフラワーチルドレンは道教の影響を受けた。
秦の始皇帝は法家の思想に基づいた。前漢初期は老荘思想に基づいた。武帝の時に儒教になった。道教には土着的、呪術的な面がある。老子には呪術的な面はない。横浜中華街では関羽を祀っている(関帝廟)。日本人にとって中国のイメージは明代以降である。日本の中国研究は優れている。
墨家はハイテク技能集団であった。名家は論理学である。中国の長い歳月を見た思想的な深みを甘く見ると怖い。毛沢東のテキストはマルクス・レーニン思想より宗教的民衆反乱の歴史と言ってよい。儒教は朝鮮半島で開花し、現在に至る。韓国のキリスト教は特殊である。韓国は儒教国家と見るべきである。キリスト教徒で道元に惹かれる人は少なくない。仏教における神秘主義は密教である。空海は日本に最先端の宗教技術を持ち込んだ。
苛酷な環境の場所で文明が発達する。人間が凄いというよりも、環境によって科学技術が生まれた。ソ連は共産主義国家のつもりであった。宗教は重要なファクターである。宗教を持たず、マルクス・エンゲルス教に行った人もいる。マルクス・エンゲルス教は仕方ないが、左翼にも色々いる。それぞれの宗教が凄い。
アメリカ大統領選挙について、クリントンの最終演説とトランプの最終演説は対照的であった。クリントンは「レディ・ガガが来た」などと有名人が来たことをアピールした。これに対してトランプは「ここにはレディ・ガガが来ていない。しかし、あなた方がいる」と市民の支持をアピールした。トランプの当選は日本の政治を変えるきっかけになり得る。色々な論議をすべきである。
http://www.hayariki.net/tobu/
PR

林田力の書評

↑   by 林田力 at 17:24 | comments(0)

Comments

Comment Form

※入力されたメールアドレスは公開されません。

tool : 
 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

カテゴリー

最新CM

[10/04 canadian pharmacy online]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
林田力
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力(はやしだりきHayashida Riki)は漫画・ドラマ・書評・不動産・裁判・住民運動・市民運動などジャンルを問わず活動中。著書に『こうして勝った』(ロゴス社、2009年)。東京都世田谷区の二子玉川東地区再開発(二子玉川ライズ)の住民被害や反対住民運動を詳細に紹介し、「世田谷問題を精力的に取材されているネット・ジャーナリスト」と評される。
FJネクスト迷惑電話
ガーラ木場不買運動
FJネクスト反対運動
林田力
東急不動産だまし売り裁判
こうして勝った
空き家活用
Twitter
amazon

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

忍者ブログ | [PR]


Powered by 忍者ブログ
Template Designed by miu_uim