忍者ブログ

ガーラ・グランディ木場不買運動

江東区東陽のガーラ・グランディ木場や赤羽橋のガーラ・プレシャス東麻布は隣接地境界スレスレの約50cmに建設する悪質な投資用ワンルームマンションです。 ガーラ・グランディ木場は休日祝日無視で作業する突貫工事です。突貫工事は建物の品質もいい加減になりがちです。 https://sites.google.com/site/boycottfjnext/ ガーラ・グランディ木場の仮囲いは粗末である。近隣住民の工事被害を防げるものになっていない。 http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/gala.html ガーラ・グランディ木場は自然破壊である。実需とは関係なく、迷惑勧誘電話で無理やり売りつけるために自然が破壊され、醜悪なマンションが建設されることはやり切れない。 https://sites.google.com/site/boycottfjnext/nature

December 07,2011

● 『資本主義最終章の始まり 大恐慌2009~2010』を読んで

本書は米国で活躍するインド生まれの経済学者が、日本と米国を中心として混乱する資本主義の現状を分析し、今後の処方箋を提示した書籍である。タイトルは「資本主義最終章」「大恐慌」とインパクトが強烈だが、内容は穏当である。

著者の主張は明確である。昨今の経済混乱の原因を「金融システムにあるのではなく、世界の消費者の購買力が低いこと」にあると主張する(131ページ)。金融システムが根本原因ではないため、金融システムを救済しても危機を脱することにはならない。消費者の購買力を高めなければ経済成長はあり得ないことになる。

消費者の購買力が低められた一因として本書は興味深い分析をしている。それは米国のレーガン政権を「最悪の社会主義的政権」と規定していることである(93ページ)。本書がレーガン政権を社会主義的と呼ぶ理由はレーガン政権が富の再分配を実施したためである。但し、レーガン政権は金持ち優遇減税など「貧しい人々から富を奪って、金持ちに配った」点で従来の社会主義とは正反対であり、それ故に最悪の社会主義的政権となる。

一般にレーガン政権の新自由主義的政策は社会主義の対極と位置付けられており、それを社会主義的と呼ぶ本書はユニークである。ここでは新自由主義を評価する上で忘れがちな留意点を教えてくれる。新自由主義は「民間にできることは民間に」を合言葉に小さな政府を志向するものである。政府の役割を減らすという主張は、肥大化した政府による人権侵害を警戒するリベラル派からも同意を集めやすい。これが先進諸国で新自由主義が席巻した一因であるが、政府の役割を減らすことで何を実現したいのかという点が置き去りにされてきた。

競争原理にさらされていない政府機関は非効率だから小さな政府とすべきとの主張は納得しやすいが、主張者に貧者から収奪して富者を富ませる「富の再配分」の動機が隠れていないか慎重に吟味すべきである。さもなければ、かんぽの宿関連施設を僅か評価額1000円で取得した東急リバブルが4900万円で転売した事例に象徴される不明朗な濡れ手で粟の暴利が横行してしまうだろう。

本書の説く危機からの脱出方法は公共事業などによる需要喚起であり、物足りないほどオーソドックスである。それでも実効的な需要創出にターゲットを絞ることを主張しており、日本政府のバラマキ型経済対策とは一線を画す。たとえばアニメの殿堂について、「どれほどの雇用創出効果、景気刺激効果、また、内需拡大効果があるのか」と批判する(211ページ)。経済について一つの視点を提供する一冊である。
http://hayariki.anime-japan.net/
林田力スポーツ
http://hayariki.kakuren-bo.com/
林田力ドラマ
http://hayariki.side-story.net/
 

PR

林田力の書評

↑   by 林田力 at 22:20 | comments(0) | trackbacks(0)

Comments

Comment Form

※入力されたメールアドレスは公開されません。

tool : 
 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Trackbacks

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

カテゴリー

最新CM

[10/04 canadian pharmacy online]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
林田力
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力(はやしだりきHayashida Riki)は漫画・ドラマ・書評・不動産・裁判・住民運動・市民運動などジャンルを問わず活動中。著書に『こうして勝った』(ロゴス社、2009年)。東京都世田谷区の二子玉川東地区再開発(二子玉川ライズ)の住民被害や反対住民運動を詳細に紹介し、「世田谷問題を精力的に取材されているネット・ジャーナリスト」と評される。
FJネクスト迷惑電話
ガーラ木場不買運動
FJネクスト反対運動
林田力
東急不動産だまし売り裁判
こうして勝った
空き家活用
Twitter
amazon

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

忍者ブログ | [PR]


Powered by 忍者ブログ
Template Designed by miu_uim