忍者ブログ

ガーラ・グランディ木場不買運動

江東区東陽のガーラ・グランディ木場や赤羽橋のガーラ・プレシャス東麻布は隣接地境界スレスレの約50cmに建設する悪質な投資用ワンルームマンションです。 ガーラ・グランディ木場は休日祝日無視で作業する突貫工事です。突貫工事は建物の品質もいい加減になりがちです。 https://sites.google.com/site/boycottfjnext/ ガーラ・グランディ木場の仮囲いは粗末である。近隣住民の工事被害を防げるものになっていない。 http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/gala.html ガーラ・グランディ木場は自然破壊である。実需とは関係なく、迷惑勧誘電話で無理やり売りつけるために自然が破壊され、醜悪なマンションが建設されることはやり切れない。 https://sites.google.com/site/boycottfjnext/nature

August 13,2012

● 『この声が届く先』v 林田力 wikiレビュー

S・J・ローザン著、直良和美訳『この声が届く先』(創元推理文庫)は私立探偵を主人公としたシリーズ物の一作である。冒頭から主人公ビル・スミスはピンチに陥る。ある日の朝、「リディア・チンを誘拐した」と正体不明の男から電話で告げられる。相棒の命を救うためにビルは犯人のヒントを手掛かりとしてニューヨーク中を駆け巡る。このためにニューヨークの土地勘がある人は一層楽しめる作品になっている。

物語では中国系アメリカ人の存在感が大きい。多民族国家アメリカの実情を反映している。また、IT社会の実情も反映している。主人公らはGoogleマップやストリートビューを使用して手がかりを得ようとする(30頁)。現代的な事情が反映されている。日本の土地共有持分確認等請求事件(平成20年(ワ)第23964号)の裁判でも、ストリートビューで取得した被告宅の写真が証拠(甲第27号証)として提出された。
http://hayariki.net/4/30.htm
犯人の正体は不明である。犯人が自分に恨みを抱いていることは分かるが、私立探偵という職業柄、逆恨みされる可能性は複数存在し、犯人の正体を特定できない。これは林田力にも経験がある。林田力もインターネットで誹謗中傷を受けたが、当初は犯人を見極められなかった。

最終的に宅建業法違反を告発したゼロゼロ物件業者であると判明し、ゼロゼロ物件業者の批判を続けることでゼロゼロ物件業者は廃業した。主人公が犯人の正体に気付いた際に「どうして、いままでわからなかったのだろう。思い当たらなかったのが不思議なくらいだ」と振り返る(136頁)。これも林田力も同じであった。

正体が明らかになった犯人は十分に嫌悪感を抱かせる人格異常者であった。犯人と関係した登場人物は犯人に殺意を覚えるが、それが十分に納得できる描かれ方である。犯人の身勝手さを示す口癖に「相手に合わせたって損はない」というものがある。犯人が身勝手な暴言を吐く。その暴言を向けられた人物は当然のことながら腹を立て、態度を硬化させる。それに対して犯人は上記の口癖を出す。「自分に合わせろ」という身勝手なエゴイズムである。

犯人ほどの人格異常者は現実社会では稀である。逆に大勢存在したら社会は成り立たなくなる。しかし、犯人的な要素は日常でも接することはある。たとえば相手を不快にさせるような乱暴な発言をしておきながら、「興奮して言葉が乱暴になっていますが」とフォローしたつもりになっている輩である。

自分の興奮状態を汲み取って、表面的な言葉遣いから態度を硬化させるなという身勝手な論理である。現実離れした異常者を描きながらも物語がリアリティーを失わない背景は、その片鱗を現実の不快な人物に重ね合わせることができる点にある。(林田力)
PR

林田力の書評

↑   by 林田力 at 20:35 | comments(0)

Comments

Comment Form

※入力されたメールアドレスは公開されません。

tool : 
 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

最新CM

[05/20 cuuj10]
[10/04 canadian pharmacy online]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
林田力
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力(はやしだりきHayashida Riki)は漫画・ドラマ・書評・不動産・裁判・住民運動・市民運動などジャンルを問わず活動中。著書に『こうして勝った』(ロゴス社、2009年)。東京都世田谷区の二子玉川東地区再開発(二子玉川ライズ)の住民被害や反対住民運動を詳細に紹介し、「世田谷問題を精力的に取材されているネット・ジャーナリスト」と評される。
FJネクスト迷惑電話
ガーラ木場不買運動
FJネクスト反対運動
林田力
東急不動産だまし売り裁判
こうして勝った
空き家活用
Twitter
amazon

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

忍者ブログ | [PR]


Powered by 忍者ブログ
Template Designed by miu_uim